婚約指輪・結婚指輪を買う前に読んでおくべきチェックポイントまとめ

どのような婚約指輪を購入するか、もしくは購入してもらうかは人生においての一大イベントといっても過言ではありません。

そのような婚約指輪ですが、人気ブランドやデザイン、相場など「相談したいけど誰に相談したらいいかわからない」などとお悩みの方も多いと思います。

そこで今回は、プロポーズをする際に婚約指輪が必要かという疑問から婚約指輪のデザインや相場まで男性女性に関わらず婚約指輪にまつわる、知っておくべきことをまとめてご紹介します。

これから婚約指輪のご購入をお考えのカップルのご参考になれば幸いです。

みんな婚約指輪を購入している?

宝石がついている婚約指輪をプレゼントされることは女性の憧れとされていましたが、近年では「婚約指輪に魅力を感じないからいらない」といった意見の女性も増えてきているようです。

しかしながら「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると、全体の6割のカップルが婚約指輪を購入しているそうです。

婚約指輪の購入金額の相場は?

婚約指輪の相場は?

婚約指輪の相場は、お給料の約3ヶ月分という話を耳にする方も多いのではないでしょうか。
しかし「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると、婚約指輪の購入金額は北海道を除いて30万円から40万円が一番多いことがわかっています。

なお、婚約指輪の相場等について詳しくは「婚約指輪の値段の相場は? 購入する前に知っておきたいこと」をご参照下さい。

費用を安くおさえる方法は?

婚約指輪にかかる費用をおさえる方法として、大きく分けて下記の2つが挙げられます。

①婚約指輪を手作りする

婚約指輪を手作りすることは、費用をおさえられるだけでなく、二人だけのオリジナルの婚約指輪を作ることができるというメリットもあります。

②彼のお母さんから譲り受け、リフォームする

最近では「彼の母から譲り受けてリフォームする」というケースも増えているようです。こちらも、費用をおさえることができる点に加えて、オリジナルの婚約指輪をすることができる点や、親のものを大事にする想いが注目されているようです。

なお、これらの費用をおさえる方法について詳しくは「プロポーズのタイミングで! 相場など婚約指輪について知っておくべき9つのこと」をご参照下さい。

婚約指輪の購入は誰が決めている?

次は、婚約指輪の購入決定者についてご紹介します。

上記の「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると夫が決めている、が半数近く、つい二人で決めている、が35%程度となっています。近頃では大切な指輪だからこそ、一緒に決めるというカップルが増えているものの、やはり昔ながらのサプライズプロポーズが主流であることがわかります。

婚約指輪の人気ブランドは?

ここでは、婚約指輪の人気ブランドについてご紹介します。

海外の人気ブランド5選

まずは海外の人気ブランドです。

Harry Winston(ハリー・ウィンストン)
Tiffany(ティファニー)
Cartier(カルティエ)
BVLGARI(ブルガリ)
Chanel(シャネル)

日本国内の人気ブランド5選

次は国内の人気ブランドです。

エクセルコダイヤモンド
銀座ダイヤモンドシライシ
MIKIMOTO(ミキモト)
TASAKI(タサキ)
俄(にわか)

それぞれのブランドについて詳しくはこちらの「ブランド一覧」よりブランドレポートをご参照下さい。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

次は、意外と知られていない婚約指輪と結婚指輪の違いについてご説明していきます。

婚約指輪とは?

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、一般的に男性から女性にプロポーズの際に送られる指輪のことです。結婚を約束する証でダイヤなどの宝石がついていて華やかなデザインなのが特徴です。

結婚指輪とは?

一方結婚指輪はマリッジリングとも呼ばれ、結婚式の「指輪の交換」の際に新郎新婦がお互いに交換する指輪の事を指します。結婚指輪は日常的に身に付け、結婚していることを周囲に知らせる役割もあります。そのため、日常生活で邪魔にならないようなシンプルなデザインが人気です。

婚約指輪をつける指は?

次は婚約指輪をつける指についてですが、左手の薬指につけなければならないと思われている方が多いのではないでしょうか。実は、婚約指輪を付ける指に基本的に決まりはありません。しかし、左手の薬指につけるのが浸透しており一般的です。

また、結婚式の際には「指輪の交換」の際に結婚指輪をお互いの左手薬指にはめるという儀式が行われるため、婚約指輪は右手の薬指にはめておき、結婚指輪の交換が済んだ後に左手薬指にはめるという習慣もあります。

婚約指輪はいつつける?

婚約指輪は、いつつけるのでしょうか?意外とご存知ない方も多いでしょう。ここでは婚約指輪をいつつけるのかについてお伝えしていきます。

婚約指輪はいつからつけていい?

プレゼントとして受け取った日以降いつ身につけても良いとされています。

婚約指輪は周囲に結婚の意思を伝えるためのものでもあるため、仕事や週末の予定の際に身につけても勿論OKです。
しかし、一般的に婚約指輪のデザインは宝石がついていて突出しているデザインが多いため、日常生活の作業に向いているとは言えないでしょう。

結婚後も婚約指輪はつける?

結婚までの限られた期間しかつけられないから婚約指輪はもったいないという意見もあるようですが、婚約指輪は結婚後ももちろんつけられます。

ただ、婚約指輪はダイヤをあしらった高価なものが多いので、結婚式に出席する際や旦那さんとの記念日のデートなど晴れの日や特別な機会に身につける方が多いようです。

ですが、今は引っ掛かりの少ないデザインも多く、せっかくあげた(もらった)婚約指輪、普段使いもできないともったいない、と考える方が多く、結婚指輪の重ね付けを普段からされる方も多くなっています。

プロポーズのタイミングで婚約指輪は必要?

先のアンケートでは夫が指輪を決めているケースが多かったのですが、奥さんの欲しい指輪をあげたい!という男性や指輪は自分で選びたい!という女性が多いため、プロポーズの際に婚約指輪を用意されているケースは決して多くないようです。

とはいえ、プロポーズの際に婚約指輪があると、本気度がより伝わり、しっかりと二人の間で結婚の約束を目に見える形でも交わすことができるというメリットはあるでしょう。

女性の本音と男性の本音についてはこちらの「婚約指輪 女性の本音と男性の本音にマッチしたブランドとは?」をご参照ください。

一石二鳥? 婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが流行っている!

近年では婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが流行っています。

指輪のデザインにはストレート型のデザインやV字、S字、逆S字型など様々なカーブのデザインがあります。婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする際には、なるべく2本の指輪の間の隙間が少ないものが綺麗とされています。

例えば、V字ラインどうしで重ね付けをしてみたり、S字ラインどうしで重ねづけをするなど、同じラインどうしでの重ね付けやラインの異なるものを組み合わせるなど、合わせ方は様々です。最近では多くのブランドで婚約指輪と結婚指輪をセットリングとして販売しているので、実際にお店で合わせてはめてみて、気に入った重ね付けデザインを見つける事をオススメします。

なお、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けについて詳しくは「【結婚指輪の重ね付け画像あり】メリット・デメリットとは?」をご参照下さい。

婚約指輪をもらったらお返しはどうする?

最後に、婚約指輪をもらった方は「お返しはどうしよう?」と迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お二人でお金を出し合って婚約指輪を購入された場合にはお返しをしないケースもあるようですが、多くのケースで女性から婚約指輪のお返しを贈っており、その金額は婚約指輪の金額の半額が相場とされています。

まとめ

これまで婚約指輪の相場や人気ブランドについてなど、婚約指輪を購入する際に知っておくべきのことをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。満足いく婚約指輪を購入されるにあたって参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

 

関連記事

  1. 世代別で知っておきたい!婚約指輪おすすめブランドランキング

  2. 婚約指輪をどこで買う?あなたに合ったお店の選び方とそれぞれのメリット・デメリット

  3. 婚約指輪の支払い問題 グレードを落とす?ローンにする?

  4. ティファニーが原産地情報を公開!紛争ダイヤモンドと合成ダイヤモンドとの関係

  5. 婚約指輪の値段の相場は? 購入する前に知っておきたいこと

  6. 婚約指輪のリフォームはあり?なし?費用の相場とリフォーム実例

  7. 婚約・結婚指輪をオンラインはあり?通販人気サイト5選徹底比較

  8. ジュエリーブランドの格付け新基準!2020年版-2ch検証

  9. 婚約指輪 女性の本音と男性の本音にマッチしたブランドとは?