世代別で知っておきたい!婚約指輪おすすめブランドランキング

婚約指輪を選ぶ時、ブランドを絞ろうにもブランドが多すぎてどこをみていいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

婚約指輪は着ける女性の年齢によって選び方も変わります。
そこで、今回は世代別で知っておきたい!婚約指輪でおすすめブランドランキングをご紹介します。

世代別で見る婚約指輪おすすめブランドマッピング

まずはこちらの格付けマップをご確認ください。

マップの上にいくほど価格が高額になり、左側は20代、右側は30〜40代に人気のあるブランドとなっています。

上記のマップを参考にこれからご紹介するブランドを比較検討しましょう。

20代前半の方におすすめの婚約指輪人気ブランドTOP3

20代前半はダイヤモンドのクオリティなどよりも価格とデザインを重視する傾向があります。
そのため、デザイン数が豊富でリーズナブルなブランドに人気が集まっています。

ブランド名 特徴 こんな方へ 平均購入価格
1位 アイプリモ プロポーズ専用のシンプルなソリティアリングがあり、プロポーズ後に好きなデザインに変更可能 ・女性らしい方
・たくさんのデザインの中から選びたい方
・ダイヤモンドの品質にもこだわりたい方
25万円〜35万円
2位 トレセンテ 希少なピンクダイヤモンドも取り扱っており価格はリーズナブルで、一度着けたら忘れられない程着け心地が良いのがポイント ・フェミニンな雰囲気が好きな方
・ピンクダイヤが好きな方
・着け心地にこだわりたい方
25万円〜35万円
3位 4℃ ダイヤモンドルースをひとつひとつ確認して婚約指輪にセッティングしてもらうことも可能なので、予算に合わせてダイヤモンドを選ぶことも ・4℃が好きな方
・知名度があるブランドが好きな方
25万円〜45万円

詳しく見ていきましょう。

(1)1位:アイプリモ

 
出典:アイプリモ

アイプリモはブライダルジュエリー専門店で特に20代の女性らしい雰囲気の方にに人気のブランド。平均価格は25万円程で、ダイヤモンドはメレダイヤまで「H&C」のダイヤモンドを使用するため品質にもこだわりがあります。

アイプリモでは高品質な婚約指輪や結婚指輪がリーズナブルに購入でき、カップル12組に1組は数あるブライダルジュエリーブランドの中からI-PRIMO(アイプリモ)を選ぶのだとか。

アイプリモでは“パーフェクトプロポーズリング”というデザインは後からセレクトできるプロポーズ用リングを用意しています。

パーフェクトプロポーズリングは、シンプルで人気の高いデザイン“シリウス”のプロポーズ用リングを作り、プロポーズ後に彼女に好きなデザインを選んでもらい、婚約指輪を作り直せるというもの。

女性はプロポーズで指輪が欲しいけど、デザインは選びたいという方が多く、その両方の希望を叶える事ができるのがパーフェクトプロポーズリングなのです。

アイプリモの店舗数は70店舗以上あり、国内最大規模の多さです。

店舗数が多いメリットとして、メンテナンスや修理などアフターサービスを受ける時に困る事がないというポイントがあります。

アイプリモ公式HP

アイプリモのブランドレポートを見る

(2)2位:トレセンテ

 
出典:トレセンテ 

トレセンテは1989年に銀座に誕生した、“オリジナリティ”“クオリティ”“ホスピタリティ”にこだわり続けているブランドで、相手を大切に思う気持ちを形にしたものがジュエリーという考えを持っており、一生身につける価値のある品質と仕立てにこだわったジュエリーを作り続けています。

トレセンテでは指輪の内側に丸みをつけたトレセンテ独自の“内甲丸”を採用することで、指輪が指に触れる接地面を30〜50%削減しています。

リングの教科書編集部もトレセンテの指輪を試着させてもらいましたが、あまりの着け心地の良さに感動してしまいました!指輪を着けている感覚が苦手な方でも、トレセンテの指輪ならきっと着け続けることができるはずです。

トレセンテでは、ダイヤモンドの評価基準である4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)全てにおいてグレードの高いダイヤモンドのみを使用しています。特に、同じグレードとされているダイヤモンドも、インクルージョン(内包物)によって輝きが変わることに着目しています。

また、希少なピンクダイヤモンドも取り扱っており女性の心を鷲掴みにするブランドです。

価格はリーズナブルで、一度着けたら忘れられない程着け心地が良いのがポイントです。

トレセンテ公式HP

トレセンテのブランドレポートを見る

(3)3位:4℃

出典:4℃

4℃(ヨンドシー)は、1972年に誕生した日本のジュエリーブランド。名前が知られているだけでなく、品質もいい4℃。
ダイヤモンドルースをひとつひとつ確認して婚約指輪にセッティングしてもらうことも可能なので、予算に合わせてダイヤモンドを選ぶこともできます。

4℃の結婚指輪には、基本的には純度95%以上のピュアプラチナが使用されており、ダイヤモンドはすべての項目においてバランスの良い評価を得た高品質のものだけを使用。

また、4℃の結婚指輪には永久保証がついており、サイズが変わったり、指輪の歪みが生じたり、ダイヤモンドがはずれて紛失したりといったトラブルにも全国どの店舗でも柔軟に対応してくれるのが特徴です。

4℃公式HP

20代半ばから30代前半の方におすすめの婚約指輪人気ブランドTOP3

20代後半から徐々にダイヤモンドのクオリティなどを気にする方が増えてきます。
その時に好きなデザインというだけでなく、大人になっても着け続けられるかを考える方も多いでしょう。

そのため、デザイン数が豊富でリーズナブルなブランドに人気が集まっています。

ブランド名 特徴 こんな方へ 平均購入価格
1位 銀座ダイヤモンドシライシ イスラエルの現地法人から高品質なダイヤモンド原石を仕入れ、自社で研磨などをおこなっているため、ダイヤモンドのクオリティは値段以上でコストパフォーマンスもいいブランド ・セットリングが欲しい方
・たくさんのデザインの中から選びたい方
・ダイヤモンドの品質にこだわりたい方
25万円〜30万円
2位 ラザールダイヤモンド 比較的リーズナブルな価格が魅力でダイヤモンドは虹色に輝き、主張の強い輝きを希望する方におすすめのブランド ・キラキラしたものが好きな方
・一流のブランドにこだわりたい方
・虹色のダイヤモンドが好きな方
24万円〜35万円
3位 ティファニー 女性の憧れティファニー。ダイヤモンドのカットもラウンドカットだけでなくハートシェイプやプリンセスカットなどさまざまな形から選ぶことができる ・ブランドにこだわりたい方
・ティファニーが好きな方
・ある程度予算がある方
40万円〜90万円

詳しく見ていきましょう。

(1)1位:銀座ダイヤモンドシライシ

出典:銀座ダイヤモンドシライシ

Google口コミ件数の多さ、評価の高さ、評判の良さが光る「銀座ダイヤモンドシライシ」
高品質で他ブランドよりもダイヤモンドがキレイなのにリーズナブルだと人気沸騰中のブランドです。

ダイヤモンドのみの購入やプロポーズ用リングの取り扱いもあるため、男性からも高い支持を得ています。

スマイルプロポーズリングとダイヤモンドを購入するとダイヤモンドをリングにセッティングしてくれるので、ダイヤモンドが留められたリングを使ってプロポーズ。

後日、スマイルプロポーズリングを持ってふたりで来店すれば、好きなデザインの婚約指輪にダイヤモンドを留め直してくれます

銀座ダイヤモンドシライシ高品質なダイヤモンドをリーズナブルに提供し続けることができる理由は、イスラエルの現地法人であるイスラエルシライシにあります。

イスラエルシライシには確かな目を持つ日本人バイヤーが常駐し、厳しい基準で厳選したダイヤモンドを買い付けています。

銀座ダイヤモンドシライシは、原石の仕入れから販売までを自社で一貫して行うことにより、確かな品質のダイヤモンドをリーズナブルな価格で提供できるのです。

銀座ダイヤモンドシライシの研磨済みダイヤモンドの中でサリネ・レポートが発行されるダイヤモンドの90%以上がサリネ・ライトの評価基準で最高の“ウルティメイト”を獲得し、銀座ダイヤモンドシライシのダイヤモンドは科学的に見ても美しい輝きであることが証明されているのです。

銀座ダイヤモンドシライシ公式HP

銀座ダイヤモンドシライシのブランドレポートを見る

 

(2)2位:ラザールダイヤモンド

出典:ラザールダイヤモンド

「世界三大カッティングブランド」と格付けされているブランドでありながら、比較的リーズナブルな価格が魅力。

ラザール ダイヤモンドは世界三大カッティングブランドのひとつに数えられています。ダイヤモンドのカッティング技術に優れ、ダイヤモンドの評価基準にカットを加えることを提唱しました。

そしてなんと言ってもロゴに「世界で一番美しいダイヤモンド」と書いて良いことを許された唯一のブランド。

王族にも愛されるダイヤモンドを創出し、最高峰の輝きを今でも追い求め続けています。

ダイヤモンドは虹色に輝き、主張の強い輝きを希望する方におすすめのブランドです。

ラザールダイヤモンド公式HP

ラザールダイヤモンドのブランドレポートを見る

(3)3位:ティファニー

出典:ティファニー

世界中で時代を超えて愛されているハイジュエリーブランドといえば、ティファニーです。特に、婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際には、「絶対にティファニーで!」と決めている女性も多いほど、人気のあるブランドです。

ティファニーと言えば、多くの女性がまず頭に浮かべるのは、“純白のリボンが結ばれたティファニーブルーのボックス”ではないでしょうか?

このホワイトと“ティファニーブルー”と呼ばれる特有のブルーのカラーリングは、「真実の愛のシンボル」として、世界中から愛されています。

ティファニーが生まれたのは、アメリカですが、数あるジュエラーが生まれたアメリカの中でも、ハイジュエラーのトップブランドとして1837年の創業以来、長年にわたってその座に君臨しているのが、ティファニーなのです。

ブランドにこだわりのある女性にはティファニーがおすすめ。シンプルながらに洗練されたデザインが揃います。
ダイヤモンドのカットもラウンドカットだけでなくハートシェイプやプリンセスカットなどさまざまな形から選ぶことができます。

ティファニー公式HP

ティファニーのブランドレポートを見る

30代半ばから40代前半の方におすすめの婚約指輪人気ブランドTOP3

ダイヤモンドのクオリティだけでなく大きさも重要になってくる世代です。
デザインはソリティアタイプなどのシンプルなものに人気が集まります。

そのため、デザイン数が豊富でリーズナブルなブランドに人気が集まっています。

ブランド名 特徴 こんな方へ 平均購入価格
1位 エクセルコダイヤモンド ダイヤモンド格付け1位に選ばれたエクセルコのダイヤモンドは輝きが強く、0.3ctのダイヤモンドでも一回り大きく見せることができる ・ダイヤモンドの品質の良さにとことんこだわりたい方
・指をきれいに見せる指輪が欲しい方
・ブランド力も大切!という方
34万円
2位 ティファニー 女性の憧れティファニー。ダイヤモンドのカットもラウンドカットだけでなくハートシェイプやプリンセスカットなどさまざまな形から選ぶことができる ・ブランドにこだわりたい方
・ティファニーが好きな方
・ある程度予算がある方
40万円〜90万円
3位 カルティエ カルティエのソリテールリングはシンプルながらに重厚感を感じられるデザイン
大人の女性だからこそより似合うのがカルティエの魅力
・カルティエが好きな方
・知名度があるブランドが好きな方
54万円

詳しく見ていきましょう。

(1)1位:エクセルコダイヤモンド

出典:エクセルコダイヤモンド

この世代の婚約指輪なら最低でも0.3ctは欲しいところ。ダイヤモンド格付け1位に選ばれたエクセルコのダイヤモンドは輝きが強く、0.3ctのダイヤモンドでも一回り大きく見せることができます。

日本では知っている人がまだそんなに多くないエクセルコダイヤモンドですが、実は王室や世界のセレブリティたちに愛され続けているダイヤモンド格付け世界1位のブランド。そのエクセルコのダイヤモンドの輝きは、他のブランドでは出会えないような素晴らしいものばかりなのです。

エクセルコを設立したジャン・ポール・トルコウスキーが7代目となるトルコウスキー家は、ダイヤモンドならこの形!と多くの方がイメージするあの形である“アイディアルラウンドブリリアントカット”を開発するなど、ダイヤモンド史上に名を残す一族なのですす。

通常ダイヤモンドの品質は4C(カット・カラー・カラット・クラリティ・)によって判断されますが、エクセルコダイヤモンドはダイヤモンドの輝きを科学的に評価する“サリネ・ライト”を取り入れています

エクセルコで使用されるダイヤモンドは、サリネ・ライトの評価基準で最高レベルの“ウルティメイトスリースター”を獲得しています。ウルティメイトスリースターは全体の2〜3%しか獲得できない評価で、エクセルコのダイヤモンドがいかに美しく輝いているのかがわかります。

ダイヤモンドに自信を持っているエクセルコダイヤモンドでは、他にはない50倍スコープを使用しています。(国内でエクセルコダイヤモンドのみ)

50倍スコープを使うとほんの小さな傷や曇りもはっきりと見えてしまうので、完璧なダイヤモンドでなければ50倍スコープを使用してダイヤモンドを見せることはできないでしょう。

エクセルコダイヤモンドはサイトホルダー(ダイヤモンドを買い付けできる数少ない資格を保有)のため、センターダイヤモンドはもちろん、メレダイヤモンドまで高品質なものを使用しているのにハイジュエラーの半額ほど(婚約指輪は19万円から購入可能)で最高品質のダイヤモンドがリーズナブルな価格で購入できることから特に30代と40代の男女から人気が出てきています。

エクセルコダイヤモンド公式HP

エクセルコダイヤモンドのブランドレポートを見る

(2)2位:ティファニー

出典:ティファニー

世界中で時代を超えて愛されているハイジュエリーブランドといえば、ティファニーです。特に、婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際には、「絶対にティファニーで!」と決めている女性も多いほど、人気のあるブランドです。

ティファニーと言えば、多くの女性がまず頭に浮かべるのは、“純白のリボンが結ばれたティファニーブルーのボックス”ではないでしょうか?

このホワイトと“ティファニーブルー”と呼ばれる特有のブルーのカラーリングは、「真実の愛のシンボル」として、世界中から愛されています。

ティファニーが生まれたのは、アメリカですが、数あるジュエラーが生まれたアメリカの中でも、ハイジュエラーのトップブランドとして1837年の創業以来、長年にわたってその座に君臨しているのが、ティファニーなのです。

ブランドにこだわりのある女性にはティファニーがおすすめ。シンプルながらに洗練されたデザインが揃います。
ダイヤモンドのカットもラウンドカットだけでなくハートシェイプやプリンセスカットなどさまざまな形から選ぶことができます。

シンプルな中にも高級感を感じられるデザインが揃っています。

ティファニー公式HP

ティファニーのブランドレポートを見る

(3)3位:カルティエ


出典:カルティエ

世界5大ブランドであり、言わずと知れたフランス発祥のラグジュアリーブランド・Cartier(カルティエ)。170年の歴史のなかでは英国王エドワード7世を始めとする多くの王族や貴族たちが愛してきました。

「Jeweller of kings , king of jewellers 王の宝石商、宝石商の王」(英国エドワード7世の言葉)と言われる名門ブランドで、イギリス王室を皮切りにスペイン、ロシア、ギリシャ、モナコ、ベルギー、インドなど、次々と王室との関係を深め、王室御用達は16ヶ国にのぼるそうです。

モナコ公国の公妃となった女優グレース・ケリーや英国王室のキャサリン妃が結婚式でカルティエのジュエリーを身につけたことは有名な話!カルティエのソリテールリングはシンプルながらに重厚感を感じられるデザイン。

ジュエリー以外に時計や筆記用具でも質の高い製品を提供することで、ブランド価値が上がり、安定させてきたようです。大人の女性だからこそより似合うのがカルティエの魅力です。

カルティエ公式HP

40代半ば以上の方におすすめの婚約指輪人気ブランドTOP3

ブランドイメージだけでなく、クオリティにも非常にこだわりがある世代です。
高額でも輝きが素晴らしいブランドを選ぶと、一生ものの指輪として使い続けることができます。

そのため、デザイン数が豊富でリーズナブルなブランドに人気が集まっています。

ブランド名 特徴 こんな方へ 平均価格
1位 グラフ 「21世紀のキング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ、大粒かつ極上のダイヤモンドは世界中のセレブリティを魅了し続けている ・予算がある方
・ダイヤモンドの品質にとことんこだわりたい方
・いくつになっても恥ずかしくないブランドにこだわりたい方
96万円
2位 ハリーウィンストン 希少なピンクダイヤモンドも取り扱っており価格はリーズナブルで、一度着けたら忘れられない程着け心地が良いのがポイント ・フェミニンな雰囲気が好きな方
・ピンクダイヤが好きな方
・着け心地にこだわりたい方
25万円〜35万円
3位 エクセルコダイヤモンド ダイヤモンド格付け世界1位に選ばれたエクセルコのダイヤモンドは輝きが強く、0.3ctのダイヤモンドでも一回り大きく見せることができる ・ダイヤモンドの品質の良さにとことんこだわりたい方
・指をきれいに見せる指輪が欲しい方
・ブランド力も大切!という方
34万円

詳しく見ていきましょう。

(1)1位:GRAFF


出典:グラフ

グラフは、1973年、イギリスで最も権威のある賞“Queen’s Award”を受賞。翌1974年に、ナイツブリッジに新サロンをオープンすると「グラフには究極のダイヤモンドがある」と世界中の富豪たちの間で話題となり、極上の宝石を扱うハイジュエリーブランドとして地位を確たるものにしました。

現在、南アフリカにダイヤモンドの供給会社を保有するとともに、世界5カ所に研磨工場を持ち、熟練の職人たちがダイヤモンドをカットしている。

“鉱山から女性を飾るジェリーになるまで”一貫して自社で行うダイヤモンドカンパニーを実現したグラフのダイヤモンドの生産量は世界最大規模。なかでも、イエローダイヤモンドは世界で最も多くのシェアを誇り、頂点を極める崇高な煌めきが、多くの人々を魅了しています。

また、サイドストーンにラウンドカットダイヤモンドではなくテーパードバゲットカットダイヤモンドを使用したり、センターダイヤモンドがエメラルドカットやペアシェイプであったり、高級感あふれるデザインが揃っているのがGRAFFです。

「21世紀のキング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ、大粒かつ極上のダイヤモンドは世界中のセレブリティを魅了し続けています。

GRAFF公式HP

(2)2位:ハリーウィンストン

出典:ハリーウィンストン

「キング・オブ・ダイヤモンド」であり、世界最高峰のハイジュエラーであるハリーウィンストン。希少な大粒のダイヤモンドを取り扱い、創業以来世界のセレブリティや王族までもを魅了しているブランド。

「スターたちのジュエラー」としても有名なハリー・ウィンストンは、ハリウッドのレッドカーペットにはなくてはならないジュエラーとなり、70年以上にわたりハリウッドの歴史に興奮と輝きを与え続けてきました。

ハリーウィンストンの石の選別には、質を見極める際に使われる”4C(カラー:色/カラット:重さ/カット:研磨/クラリティ:透明度)”以外にも、独自の非常に厳しい基準を設けているほどこだわりを持っているジュエラー。

全てのハリー・ウィンストンのエンゲージメント・リングは、唯一無二の個性と、最高の品質を併せ持ったダイヤモンドを選定することから始まります。

ハリー・ウィンストンのエンゲージメント・リングに選ばれるのは、上位トップ3の等級であるD、E及びFのグレードに格付けされたダイヤモンドのみ。これらのダイヤモンドは無色透明とされ、最も希少で価値の高いものとされています。

選ばれたダイヤモンドは、その輝きを最大限に放ち、独特の美しさをより一層引き立てるよう、カットされ研磨されます。

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す技術力があり、ただ大粒なだけではない本当に美しいダイヤモンドを手にすることができます。

ハリーウィンストン公式HP

(3)3位:エクセルコダイヤモンド

出典:エクセルコダイヤモンド

この世代の婚約指輪なら0.5ctは欲しいところ。ダイヤモンド格付け1位に選ばれたエクセルコのダイヤモンドならどこに出してもいくつになっても恥ずかしいエンゲージメントリングとなります。

日本では知っている人がまだそんなに多くないエクセルコダイヤモンドですが、実は王室や世界のセレブリティたちに愛され続けているダイヤモンド格付け世界1位のブランド。そのエクセルコのダイヤモンドの輝きは、他のブランドでは出会えないような素晴らしいものばかりなのです。

エクセルコを設立したジャン・ポール・トルコウスキーが7代目となるトルコウスキー家は、ダイヤモンドならこの形!と多くの方がイメージするあの形である“アイディアルラウンドブリリアントカット”を開発するなど、ダイヤモンド史上に名を残す一族なのですす。

通常ダイヤモンドの品質は4C(カット・カラー・カラット・クラリティ・)によって判断されますが、エクセルコダイヤモンドはダイヤモンドの輝きを科学的に評価する“サリネ・ライト”を取り入れています

エクセルコで使用されるダイヤモンドは、サリネ・ライトの評価基準で最高レベルの“ウルティメイトスリースター”を獲得しています。ウルティメイトスリースターは全体の2〜3%しか獲得できない評価で、エクセルコのダイヤモンドがいかに美しく輝いているのかがわかります。

ダイヤモンドに自信を持っているエクセルコダイヤモンドでは、他にはない50倍スコープを使用しています。(国内でエクセルコダイヤモンドのみ)

50倍スコープを使うとほんの小さな傷や曇りもはっきりと見えてしまうので、完璧なダイヤモンドでなければ50倍スコープを使用してダイヤモンドを見せることはできないでしょう。

エクセルコダイヤモンドはサイトホルダー(ダイヤモンドを買い付けできる数少ない資格を保有)のため、センターダイヤモンドはもちろん、メレダイヤモンドまで高品質なものを使用しているのにハイジュエラーの半額ほど(婚約指輪は19万円から購入可能)で最高品質のダイヤモンドがリーズナブルな価格で購入できることから特に30代と40代の男女から人気が出てきています。

エクセルコダイヤモンド公式HP

エクセルコダイヤモンドのブランドレポートを見る

まとめ

今回はそれぞれの世代に合わせたおすすめブランドランキングをご紹介しました。
世代によって婚約指輪に求めるものも変化していくので、それに合わせてブランドを選ぶことが大切です。

今回ご紹介したマップとランキングを参考に婚約指輪選びをしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

関連記事

  1. 【格付けと相場】婚約指輪・結婚指輪ブランドの格付けと平均価格相場

  2. 結婚記念日は愛を再確認する【セカンドプロポーズ】が新常識

  3. ハリーウィンストンの婚約指輪 | 全ラインナップ(安い順)

  4. 婚約指輪をどこで買う?あなたに合ったお店の選び方とそれぞれのメリット・デメリット

  5. ダイヤモンドが高価な理由・流通ルートと価格の関係

  6. ダイヤモンドの平均カラット数とカラットごとの相場【婚約指輪の賢い選び方】

  7. ラザールダイヤモンド【口コミ・評判・特徴】徹底検証レポート

  8. HARRY WINSTON(ハリーウィンストン)【口コミ・評判・特徴】徹底検証レポート

  9. 【来店体験レポート】ラザールダイヤモンドに行ってみた!