【No!紛争ダイヤモンド】コンフリクト(クリーン)なダイヤモンドを扱う婚約指輪ブランド9選

紛争ダイヤモンドとは内戦地域で産出されたダイヤモンドで紛争の資金源となり、“ブラッドダイヤモンド(血塗られたダイヤモンド)”と呼ばれます。

本来ダイヤモンドはふたりの愛を深めるパワーやその美しさから、ブライダルリング に相応しいとされた宝石。

ですが、もしかして検討しているブランドで使用されたダイヤモンドが紛争の資金源となっている可能性があるのです。

そこで今回はクリーンなダイヤモンドかを知る方法や、クリーンなダイヤモンドを扱うブランドをご紹介します。

「紛争ダイヤモンドかクリーンなダイヤモンドか」を知る方法

紛争ダイヤモンドを避けるために以下のような制度や選択方法があります。

キンバリープロセス

キンバリープロセス証明書例

 

キンバリープロセスはダイヤモンド原石を輸入する際ダイヤモンドに証明書をつけることで、紛争地域からダイヤモンド原石を輸入してしまうことを防ぐ国際証明制度です。

また、キンバリープロセスに参加していない国からのダイヤモンド原石輸入を行わないことで、紛争地域からの輸入を阻止することもできます。

日本では2003年よりこの制度が導入され、輸出入ともに政府が発行するキンバリープロセス証明書が必要となりました。

システム・オブ・ワランティ

キンバリープロセスはダイヤモンドの原石の証明制度のため、ダイヤモンドをカットしてしまえば適応されなくなります。

そこで、カットされたダイヤモンドルースに適応される制度がシステム・オブ・ワランティです。

システム・オブ・ワランティは、ダイヤモンドルースのインボイス(送り状)に紛争地域のダイヤモンドではないことの宣誓文が記載されるので、確実に紛争ダイヤモンドを避けることができます

(原文)
“The diamonds herein invoiced have been purchased from legitimate sources not involved in funding conflict and in compliance with United Nations resolutions. The seller hereby guarantees that these diamonds are conflict flee, based on personal knowledge end / or written guarantees provided by the supplier of these diamonds.”

(和訳)
「インボイスに記載されたダイヤモンドは、国際連合会議を遵守し紛争への資金提供に関与しない供給源より購入されたものです。ダイヤモンドの販売事業として、当方が自身の認識に基づき、且つまた、供給者の書面による保証により、これらのダイヤモンドが紛争に関係のないことを保証します。」

エシカル意識の高いブランドを選ぶ

エシカルとは“道徳上”“倫理的”という意味があり、エシカルジュエリーとは社会貢献や環境保全に配慮したジュエリーのことを言います。

エシカル意識の高いブランドは、独自の仕入れルートを確保したり現地のNGOと取引をするなどして、どこの鉱山から産出されたのか、どこの研磨工場でカットされたのかまで把握しています。

クリーンなダイヤモンドを扱うブランドを選ぶことの重要性

購入したダイヤモンドがもしも紛争ダイヤモンドで、紛争の資金源とされ人殺しのために使われたとしたらどうでしょう。

そんなダイヤモンドを購入してしまったことを悔やんでしまいますよね。

ましてや大切な大切な婚約指輪や結婚指輪にそのようなダイヤモンドを選ぶことは避けたいかと思います。

実際にダイヤモンドが資金源とされ紛争が長引いた実例もあります。

紛争を長引かせないためにも、紛争ダイヤモンドを選んでしまわないようにクリーンなダイヤモンドを扱うブランドを選ぶことが重要なのです。

仕入れルートが確かなダイヤモンドブランド

リングの教科書調べ

(1)ティファニー

ティファニーのアレッサンドロ・ボリオーロCEOは「消費者はダイヤモンドジュエリーがどこで産出されたのか、どのような流通ルートを経て手元に届いたのかを知る権利がある」と話しており、それを裏付けるように、ティファニーでは2019年1月よりダイヤモンドひとつひとつにレーザーで“T&Co”シリアルナンバーを刻印し個々の原産地情報を公開しはじめました。

責任あるダイヤモンド調達の一環として、ティファニーは新たに調達・登録されたダイヤモンド一つひとつの原産地情報を提供することに致しました。

これはダイヤモンド調達の透明性における大きなステップです。

ティファニーのダイヤモンド エキスパートは、ダイヤモンドの原産地または原産国を提供することができます。

ティファニー

2020年までに製造工程情報も公開する予定です。

ティファニー公式HP

(2)エクセルコダイヤモンド

世界一のダイヤモンドクオリティに評された「エクセルコダイヤモンド」 は世界最大のダイヤモンド原石供給元である“デビアスグループ”から原石の買付けができるサイトホルダーに認定されているため、確かなダイヤモンド原石を仕入れることができます。

買付けされた原石はエクセルコダイヤモンドで研磨され、カット証明書が発行されます。

エクセルコダイヤモンドが取り扱うダイヤモンドはすべてバージンダイヤモンドで、紛争ダイヤモンドでもリサイクルダイヤモンドでもありません。

世界No.1のダイヤモンドブランド*であるEXELCO。EXELCOが世界2000店舗で供給・販売しているのは、安心で信頼のおけるバージンダイヤモンドのみです。
リサイクルダイヤモンドやブラッド・ダイヤモンドは取り扱っていません。
(*…米国ダイヤモンドトレーディング調査会社IDEX社のブランド評価による)

エクセルコダイヤモンド

また2019年7月から“ダイヤモンドジャーニー”という、原石からダイヤモンドを購入するまでの道のりを追うことができる新システムも導入しています。

エクセルコダイヤモンド公式HP

(3)銀座ダイヤモンドシライシ

銀座ダイヤモンドシライシは、確かな品質のダイヤモンドを確実に仕入れるために、イスラエルのダイヤモンド取引所に現地法人“イスラエルシライシ”を設立しました。

銀座ダイヤモンドシライシには現地法人に、ダイヤモンド業界で知らない人がいないと言われる有名な目利きのバイヤーがおり、一つ一つ確かな目で仕入れをしているのが特徴です。

イスラエルはキンバリープロセス制度に加盟しており、紛争ダイヤモンドが入ることのない仕組みができているため、イスラエルから原石を仕入れている銀座ダイヤモンドシライシはクリーンで高品質なダイヤモンドのみを取り扱うことができるのです。

銀座ダイヤモンドシライシ

銀座ダイヤモンドシライシ

(4)アイプリモ

アイプリモでは世界最大のダイヤモンド原石供給元である“デビアスグループ”傘下であり、世界で唯一のダイヤモンド専門研究機関“International Institute of Diamond Grading & Research (IIDGR)”の鑑定書が付属するダイヤモンドを取り扱っています。

IIDGRとアイプリモは、キンバリープロセスに基づいた高品質なダイヤモンドを提供したいという考えから、パートナーシップに至りました。

また、ブライダルリング やダイヤモンドを購入する際に、多くのジュエリーブランドが注目しているロシア産のダイヤモンドを選択することが可能です。

ロシア産のダイヤモンドにはロシア国営“クリスタル社”のシリアルナンバーが刻印されており、従来難しいと言われていた原産地証明が実現したのです。

アイプリモ

キンバリープロセスのダイヤモンドを提供しているブランド

キンバリープロセスのダイヤモンドを提供しているブランドもご紹介していきましょう。

(1)ラザールダイヤモンド

・世界三大カッターズブランドのひとつ
・ダイヤモンドの評価基準に“カット”を加えたブランド
・数学的理論に基づき“アイディアルメイク”を確立
・ラザールダイヤモンドは“世界で最も美しいダイヤモンド”と称されている

ラザールダイヤモンド公式HP

(2)BRILLIANCE+

・オンラインショップをメインとして運営しているため、高品質かつリーズナブル
・ダイヤモンドプロポーズのプランがある
・オンラインショップの見やすさが人気
・男性からも高い支持を得ているブランド

BRILLIANCE+公式HP

(3)Bridge銀座

・世界最高品質のダイヤモンド原石“ソーヤブル原石”を使用している
・ベルギー大使館推奨のダイヤモンド
・変形に強い“超硬プラチナ950”を選ぶことができる
・ダイヤモンドを購入すると、シルバーのプロポーズリングにはめてくれるプランがある

Bridge銀座公式HP

(4)GINZA TANAKA

・ラウンド ブリリアントカットをベースにし、より輝くオリジナルカット“アステリオン88ダイヤモンド”がある
・ダイヤモンド評価基準である4Cだけでなく、独自の評価基準を設けている
・品質保証の“ホシエスマーク”がリングに刻まれている
・田中貴金属工業のオリジナル素材スーパーストロングプラチナを取り扱っている

GINZA TANAKA公式HP

(5)MIKIMOTO

・東洋で唯一のハイジュエラー
・ヨーロッパの技術と日本の伝統技法を組み合わせた“ミキモトスタイル”
・ダイヤモンド評価基準の4Cに加えて、独自の評価基準として“Criterion(クライテリオン)”を設けている
・着け心地と生活に馴染むデザイン

MIKIMOTO公式HP

まとめ

今回はクリーンなダイヤモンドを扱うブランドをご紹介しました。

大切な婚約指輪や結婚指輪 のダイヤモンドが、紛争の資金となってしまうのは悲しいことです。

そうならないためにも、仕入れルートが確かなブランドやキンバリープロセスのダイヤモンドを扱うブランドを選ぶことをおすすめします。

あわせて読みたい

 

関連記事

  1. 婚約指輪をどこで買う?あなたに合ったお店の選び方とそれぞれのメリット・デメリット

  2. 彼女にがっかりされない<安くても高品質>な婚約指輪ブランド厳選5選

  3. 婚約・結婚指輪選びにブライダルジュエリー専門店を選ぶべき4つの理由

  4. ダイヤモンドが高価な理由・流通ルートと価格の関係

  5. 運命の指輪に出逢える!婚約指輪の選び方5STEP

  6. ジュエリーとしての婚約指輪|70歳になった私が着けているかという基準

  7. 世界三大カッターズブランドの違いと特徴 徹底比較

  8. 通販(オンライン)VS店舗 婚約指輪はどこで買うのが正解?口コミ高評価のショップ厳選10選

  9. 婚約指輪と結婚指輪の由来&指輪の重ね付けマナーについて